のぼり旗を目立たせたい

ターゲットを決める

デザイン考案が決め手になるのぼり

効果的な宣伝をしたい時に活用できる商品といえばのぼりです。
これはお店の前に設置しておくとどんなサービスなのか歩行者にアピールできます。

歩行者へのアピール

人を使い宣伝をする場合は人件費がかかりますが、のぼりの場合は
一度作っておくとランニングコストがかからず宣伝が可能です。

非常に便利な商品ですが作るのであれば知っておくべきことがあります。
それはターゲットをしっかり決めて制作を行うことです。

ターゲットに対応したデザインの制作をしないと上手く集客できません。
例えば飲食店といっても和食や洋食があるのです。

和食であれば毛筆体を意識したデザインにするとお店の雰囲気をすぐに把握できます。
またどんな商品を扱っているのか明確に記載するのも大事です。

和食のデザインのぼり

例えばそばを食べられるお店でも、そばとだけ書いていてもどんなものなのかわかりません。
手打ちそばや素材に拘っていると書いておけば、色にこだわりを持っている人をターゲットにできるのです。

またこだわりのお店だとアピールできるのでお客さんも呼び込みやすいでしょう。
子供向けのおもちゃを販売するお店であれば、厳格な書体ではなく丸みを帯びた
ポップなものにするのがポイントです。

ひと目でポップなおもちゃを販売しているお店とわかるのでお客さんにも
覚えてもらいやすいメリットがあります。

仕事に追われるサラリーマンであれば時間を気にする人が結構いるのです。
そういう方に来店してほしいなら、素早く食事できる部分をアピールすると良いでしょう。

 

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  再生PET生地  環境に配慮したのぼり  美術館での活用法  注意を促すのに効果的  SITEMAP