のぼり旗を目立たせたい

展覧会をのぼりでお知らせ

デザイン考案が決め手になるのぼり

美術館や博物館などの文化施設では、定期的に
企画展と呼ばれるイベントを開催しており、
それらの告知には一層の力を入れるということも多くあります。

特に話題の企画展になると、テレビやラジオ、
またはホームページなどでも広く告知を行う他、
ポスターなどを街の様々な箇所に掲示するということも
多く行われます。

しかし、こうした告知の方法以外にも、美術館の建物近辺で
周辺を通行する人に広く開催中の案内を掲示する方法として、
のぼり旗を利用するのも有効な方法です。開催中の案内のぼり

のぼり旗は、作成にかかる費用が比較的安価で、特に多くの量を作れば、
単価をさらに安くすることができます。

のぼり旗のデザインも、実に多様なものを作成することができ、
表記する文字のレイアウトやフォントも自由に選ぶことができるため、
展覧会の開催を一目で分かるような視認性の高いレイアウトにすることも可能です。

色々な場所に設置することができるのものぼり旗の大きなメリットで、
屋外の柵などに縛り付けたり、ベースを付けて屋内で使用するなど、
多様な使い方が可能です。

のぼり旗の宣伝効果や集客効果

オリジナルののぼり旗は屋外の宣伝ツールとして、
非常に高い宣伝効果と集客効果を持ちます。

その理由として、まずは布による柔軟性が動きを持つことにあります。
風の影響を受けて動くことにより、通行人の注意を
引くことになるわけです。

人は動くモノには反射的に反応し、目を向けるものだからです。
さらに、大きな物体であることも目を引くことになります。
通行人に伝わり安い

そしてオリジナルののぼり旗ならば、例えばお店のメニューなどを
プリントすることで、分かりやすい宣伝効果を生むことになります。

わざわざお店の前まで足を運ぶことなく、お勧めのメニューや
金額などを確認することができるからです。

季節によってメニューを変える際にも、オリジナルの
のぼり旗であればすぐに作成することが可能です。

通販などで安価に注文することができるので、コストをかけずに
新しく作ることができるからです。

また複数のオリジナルののぼり旗を立てておくことによっても、
かなり目立つことになります。

お店の前に数本のぼり旗が立っていると、それだけでつい
通行人は目を向けるものです。

そこに美味しそうな料理の写真などがプリントされていれば
興味を持ちますし、値段も表記されているならば
お店に入るかどうかをすぐに検討できます。

このように非常に目立つ存在であることと、デザインによって
分かりやすい宣伝活動につなげることができるわけです。

この点において、コストを抑えて費用対効果の高い
広告ツールとなるわけです。

 

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  再生PET生地  環境に配慮したのぼり  美術館での活用法  注意を促すのに効果的  SITEMAP