のぼり旗を目立たせたい

ブランドカラーでのぼりを作る

デザイン考案が決め手になるのぼり

のぼり旗というのは、さまざまな施設で活用することができる
便利なアイテムですが、どういったデザインにするかで
得られる効果は変わってくるものですので、デザイン内容というのは
とても重要だと言えます。

効果的なデザインののぼり旗を作るために押さえておきたい
ポイントとしては、伝えたいことを明確にしてデザインするということです。

例えば、ブランドカラーを大切にしたデザインで仕上げるという
選択の仕方があります。

のぼりの色の決め方

ブランドカラーでのぼり旗を作る意味というのは、何と言っても
お店の存在を強く印象づけることにあります。

飲み物のロゴや看板などを見ると、それが飲みたくなったり
食べたくなったりするものです。

ですから、魅力的なブランドカラーを持っているのであれば、
それを前面に出した宣伝をしない手はないと言えるわけです。

ブランドカラーを強く印象づけることができると、その場ですぐに
利用してもらえることがありますから、即効性があると言えますが、
その場ですぐに利用してもらえないとしても、心に残っていれば
あまり間をおかずに積極的に利用してもらえることも
期待できるものです。

魅力的なブランドカラーがあるにも関わらず、どこにでも
ありそうな平凡なデザインの既製品ののぼり旗を入手して
宣伝していっては、せっかくの魅力がもったいないものです。

ですから、ブランドカラーを前面に出したオリジナル印刷の
のぼり旗で勝負をしていくと面白いものです。

色味を基本にして近似色仕上げでのぼり旗を製作してくれる会社は結構あります。

ブランドカラーを設定しておくことのメリット

大手の企業には、必ずと言って良いほどそれぞれのブランドカラーがあります。
ロゴや会社名として直接見なくても、その色や近いデザインを見ただけで
「あの会社のマークに似ている」ということを思い出し、飲食店であれば
「あそこの商品をまた食べたい」と連想的に思ってもらえる効果も見込めるのです。

そういった意味で、ブランドカラーを設定しておくことは、実に多くの場面で活用できます。
お店の前にのぼり旗を設置する場合でも、できる限りデザインに上手く入れていきましょう。

あまりに主張が強すぎると逆効果にもなりかねませんので、のぼり旗に入れる際には
あくまでも上品さを意識した方が良い場合もあります。

のぼり旗の活用を考えていて、デザインに迷われている場合は、ブランドカラーのことも
重点的に視野に入れて考えていくと良いでしょう。

飲食用ののぼり

 

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  SITEMAP