のぼり旗を目立たせたい

環境に優しいのぼりを導入しよう

デザイン考案が決め手になるのぼり

のぼり旗を使用するのであれば、再生PETを使用したものを選ぶことがおすすめだと言えます。
一般的な製品には化学繊維が用いられており、化学繊維は木材や石油を使用することで
つくられていることを知っておくべきです。

のぼり旗の生地の知識

木材や石油を使用するということは、新たな資源を消費してしまうことになります。
近年では地球環境を守るために資源の消費量を削減しようという動きが世界的に起こっているため、
一企業であったとしてもなるべく新たな資源を使わない商品を購入することが大切です。

再生PETは使用済みのペットボトルが原料となっているので、新しく木材や石油を使ってしまうことがありません。

ペットボトルをそのまま処分する場合は処分の際にもエネルギーを利用したり、
温室効果ガスを発生させたりすることになりますが、有効活用することで地球への負担が軽減されます。

再生PETを活用したのぼり旗は既製品から購入商品を選べるだけではなく、この素材を用いてオリジナル商品を製作してもらうことも可能です。
ちょっとしたアイテムを購入するときにも環境への優しさを重視して、再生PETを利用したのぼりの製作を依頼してみることがおすすめだと言えます。

企業の印象を良くするのぼりを使用しよう

再生素材を使用したのぼり旗には、エコマークがついているので企業の印象を良くするために役立てることが可能です。
このマークは幅広い世代の人に認知されており、見るだけで環境に配慮した企業活動を行っている会社であることが分かります。

パンフレットを用意したり、自社のホームページで活動を報告したりしていても、顧客がそれを見ていなければ意味がありません。
環境を大切にしていることがのぼり旗を見るだけで一目瞭然な状態にしておけば、簡単に自社の活動や姿勢を顧客に伝えることができます。

最近はSDGsに力を入れる企業が増えており、顧客もこういった会社を高く評価する傾向があるので、
エコマークのあるのぼり旗でイメージアップを狙うことがおすすめです。

企業同士についても、自社のイメージを保つために環境に配慮した会社と提携しようと考える傾向が強くなっているので、
取引先からのイメージを良くするためにもエコなのぼり旗を用いることをおすすめします。

たくさんの労力や時間をかけなくても、簡単に自社のイメージアップを実現することができるはずです。
のぼりを用いるのであれば、エコを意識した商品を購入するようにしてください。

環境を守るのぼり

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  再生PET生地  環境に配慮したのぼり  美術館での活用法  注意を促すのに効果的  SITEMAP