のぼり旗を目立たせたい

アピールする内容

デザイン考案が決め手になるのぼり
たくさんのお役様に来てもらうする為にのぼりを作成する場合、
何をアピールすればいいかを決めなくてはなりません。

アピールしたい事がたくさんあったとしても、それをすべて載せているようでは
お客様の心に響かせることが出来ないからです。

一つののぼりにたくさんの情報が掲載されていても、お客様に瞬時に
読み取ってもらうことは出来ませんので、ポイントを決めて簡潔な情報をのせる必要があります。

情報をまとめる

商品の事も伝えたいし、サービスに関しても伝えたいと思ったとしても、
そのどちらかにしておかなければ、あらゆる情報で内容が詰まり過ぎてしまい
読み取りにくくなります。

のぼりを見てくれたとしても多くの人が目にするのは、車で通り過ぎる時であったり、
歩いて通りすがる時に見る為、じっくり時間をかけて見るものではありませんので、
瞬時に読み取れる情報を載せなくてはなりません。

一番伝えたい情報だけに絞って作成すれば瞬時に読み取りやすくなり、
集客効果が期待できるようになります。

瞬間性

ポイントを決めて作成する時には、配色にも気を配っておくといいでしょう。
文字やイラストのインパクトを上げるために配色も考えておけば、より読み取りやすい
文字にすることが出来、目に飛び込んできやすくなります。

のぼり作成のポイントは、簡潔でわかりやすく目に飛び込んで来やすいものを
選んでいくように気をつけておけば、失敗をしにくくなりますので、いいものを作成しやすくなるでしょう。

 

HOME  のぼりの背景デザイン  デザイン考案ののぼり旗コツ  のぼりに入れるべき情報  内容を絞る  印象づける  製作のポイント  のぼり旗の設置場所の工夫  伝わりやすいのぼり  のぼりの字体の特徴
デザインを合わせる  設置時の注意点  旬を知らせる  のぼりの色  再生PET生地  環境に配慮したのぼり  美術館での活用法  注意を促すのに効果的  SITEMAP