のぼり旗を目立たせたい

デザインの方向性

デザイン考案が決め手になるのぼり
お店の存在や売り出しなど、お客様に気付いてほしいときに立てる「のぼり」ですが、
最近は比較的簡単にオリジナルのデザインで作ることができます。

とはいえ、どんなデザインがよいのか迷うものです。
ポイントを3つおさえていきましょう。
迷う

1.背景を考えるのぼりを立てる場所をよく見て、背景をチェックしましょう。
単体では目立っていても、お店の外観や周りの風景に溶け込むような色では
せっかくの効果も半減してしまいます。

特に、自身のお店のカラーで統一しようとすると逆効果となるので注意しましょう。

目立つのは色相における反対色といわれる色合いです。

2.目立つ=入りたいお店ではないいくらのぼりが目立っていても「このお店に入りたいな」
と思うかどうかはまた別です。背景

訴求力があるのは「今ある不満を解決してくれそうなキャッチコピー」です。
のぼりにはあまり字数を入れずにお店の自慢ポイントを入れるとよいのですが、
あまり気をてらった言葉は必要ありません。

細かなアピールはメニュー表や看板に添えることができるので、まずはパッと見て
「今日はこのお店を選びたい」という気持ちになってもらうことが大切です。

3.字体をお店のイメージで選ぶ文字を入れる場合、ゴシック体や明朝体などの
字体にこだわると、言葉にプラスされたイメージが直にお客様に届きます。

セールやキャンペーンなどでは踊るような文字にしたり、逆にお店の雰囲気が
落ち着いていることを伝えたい場合にはかっちりとした字体というように選びます。

視覚からの情報は90%あるといわれています。
字が書いてあれば何でもいいというわけではなく、イメージもきちんと伝えるようにしましょう。