のぼり旗を目立たせたい

のぼりの作成ポイント

デザイン考案が決め手になるのぼりのぼりを作成するときには、押えておきたいポイントがあります。
まず最初に押えておきたいのは、生地の選び方です。

生地にこだわりがないなら、一般的なテトロンポンジで構いません。
手頃なコストなので、予算が少ないときや大量に作成したいときには最適です。

ただし、テトロンポンジにも弱点があり、その一つが耐久性です。
屋外に長期間設置する場合は、より耐久性が高いトロピカルを選ぶと良いでしょう。写真の加工

また、生地によってデザインのイメージが変わってくるので、設置する
店舗のイメージに合わせることも大切です。

のぼりに使用する生地を決めたら、次は印刷方法です。
印刷方法には、シルクスクリーン印刷とインクジェット印刷の2種類があります。

シルクスクリーン印刷は、一度に印刷する数が増えるほどコストが下がるので、大量生産に向いています。

反対にインクジェット印刷は、写真を綺麗に印刷することができるので、
商品の写真を使ったデザインにしたいときにはベストです。

予算やデザインに合わせて、印刷方法を選ぶのもポイントの一つです。
のぼりの作成コストを少しでも下げるなら、オリジナルより既製品を使うのも良いでしょう。

既製品ならデザインはオリジナルではないものの、オリジナルを作るときに
必要なデザイン料をカットできるので、低コストで作成可能です。

ポイントを押えながら作成すれば、コストを抑えたり
目的に最適なのぼりを作成できるので、宣伝効果を高められます。

綺麗に表現