のぼり旗を目立たせたい

デザイン考案のコツ

デザイン考案が決め手になるのぼりスーパーの特売日や商店街などでよく目にする”のぼり”はチラシなどとは
対照的に必要経費は製作費のみなので、宣伝方法としては人件費も掛からず
多くの人の目に触れて集客できるという点で最高のツールと言っても
過言ではありません。

しかし、設置すれば自ずと見てもらえるというわけではありません。
では、より多くの人に見てもらえるのぼりとはどのようなものなのか。

今回は、のぼりを制作する際に重要となるデザイン考案のコツを説明します。

コツ①「目立つ」ものにする一番の目的はお店に実際に足を運んでもらうことです。
そのためにはオリジナリティのある目立つものにすることで、多くの人に
見てもらえる確率がグッと上がります。

例えばお店のイメージカラーをベースにしたり、一番アピールしたいことを
あえて大きく描くだけでも、そのお店の雰囲気や何をメインに
しているのかが伝わりやすくなります。

コツ②「色」を選ぶ先ほども説明した通り、お店のイメージカラーがある場合は
それをアピールすることでお店の雰囲気が伝わりやすくなります。足を運ぶ

しかし、それ以外にも”単色”にするのか”フルカラー”にするのかでも
印象は大きく変わってきます。

周囲に溶け込んでしまうことがなく、かつ人に不快感を与えない
色を選ぶことが重要です。

コツ③「具体的な使用方法」を伝える業者に制作依頼をする場合、
注意しなくてはいけないのが”具体的なデザイン”と”用途”をしっかり伝えることです。

ここをしっかりと伝えないと自分たちがイメージしていたものとは異なるものが
出来上がってしまう可能性もあります。

設置する場所やアピールしたい内容など、あらかじめ業者に伝えておくと
スムーズに取引が進みます。

以上3点を抑えて、ある程度デザインを決めてから信頼できる専門の業者に依頼すると良いでしょう。

自分のお店を最大限にアピールできるような素敵なのぼりを作りましょう!

業者に頼んで製作